年賀家族2017
写真が引き立つデザインを追求した写真入りデザイナーズ年賀状です。写真をおもしろくアレンジして発注できる特許出願中の機能付き。最短2営業日出荷の特急対応。宛名印刷もOKです。
24年賀状
お昼12時までの注文で当日出荷も可能です。注文時に入力ミスをしてしまった場合も無料で刷り直ししてもらえる200%保証がついています。
挨拶状ドットコム
年賀状のデザインが豊富です。また、すぐに発送されるので急ぎの注文にも対応できます。品質も確かな大手サイトなので、安心して注文できます。

年賀状のしめきり

「年賀状のしめきり」といえば、真っ先に思い浮かべるのが「郵便局への投函」です。元旦に確実に届けたい場合には12月25日、遅くても28日までに投函されることをお勧めします。同一県内や隣県であれば、31日の午前中に投函しても元旦に届くとは言われていますが、天候・業務事情などによって左右されてしまうこともしばしばです。また、年を越しても未投かんの年賀状が手元にある場合には、1月7日までには投函しましょう。松の内が過ぎれば、年賀挨拶はマナー上失礼にあたることもあります。

外部に年賀状印刷を考えている方で「いつまでだったら印刷を請け負ってくれるのか」考えている方もいらっしゃるようです。多くの印刷会社では、ネット上から依頼をすると翌日には発送可能としているところもあります。元旦に確実に届けたいというのであれば、12月15~20日までがしめきりぎりぎりだと捉えておかれるとよいでしょう。年末近くなると、印刷業者も仕事料が増えます。翌日には発送できると謳っていても、即渡しができない状況に陥ることもあるようです。また、12月10日以降は年賀状印刷料金も最高値で提供する業者がほとんどですので、少しでもお得に印刷を済ませたいというのであれば、10月~11月中に印刷を済まされるとよいでしょう。

中には、年賀欠礼はがきを作成するかもしれない事情があり、年内に年賀状印刷ができないでいる方もいらっしゃるようです。ぎりぎりでも、ご家庭のプリンターで年賀状を作成したり、デフォルトデザイン・オフセット印刷のスピード印刷が可能な年賀状印刷を依頼するなどの対応が常時できますので上手に利用されるとよいでしょう。

関連記事

このページの先頭へ